« 2013年5月 | トップページ

・マイクロスリープにご注意

高速道路の長距離運転や渋滞による長時間の運転など疲れて運転すると当然さまざまな危険が伴います。運転していて意識はあるのですが、数秒意識が飛んだり、瞬間寝ていたりする時があります。瞬間的な睡眠のことを“マイクロスリープ”と言い、睡眠不足、精神的疲労から来る場合が多く、マイクロスリープは、普段から睡眠不足の人が、脳を休ませるために、たった数十秒でも軽い睡眠が取れ、眠気を解消できるメリットがあります。
しかし、これが車の運転中に陥ると、ぼんやりとしてしまい、状況判断や動作が遅くなり、大きな事故に繋がる可能性がありたいへん危険な瞬間となります。

もちろんすぐにどこかへ停めて休憩するか、誰か運転出来る人がいれば、変わってもらうなりした方がいいかもしれません。私の場合はあらかじめ長距離になる時は事前に眠眠打破強強打破を飲んでいると眠気は解消されてとても重宝しています。普段から運転するなら短距離にし、出来る限り長距離運転は避けるように心がけています。

| コメント (1)

« 2013年5月 | トップページ