« ・スクーター免許の需要 | トップページ | ・ETCに潜む落とし穴 »

・見落とさない信号機

korea信号機で見落としやすいものとして矢印信号機がありますが、ある交差点で赤になっても右折や左折といった矢印信号が出ればその方向へ進行することができる信号機ですね。この矢印信号機は赤黄青の3つあるレンズの下に付いているので日差しで明るいときでなくても意外と見落としてしまいがちの信号機のひとつだと思います。実はお隣の国の韓国ではレンズが連続して4つもが並んでいます。赤黄青に矢印も含んだ並列4つレンズなんですね。さすが!これでは見落とす心配はないですよね。要するに矢印の表示用のライトは日本では信号機の下についていますが、韓国では並んでついているというわけです。レンズの順番は一番左側が赤色で次が黄色その次が矢印で一番右側が青となっているんです。LED(発光ダイオード)と言われる発光体で技術の進歩も目覚ましいところですが物事をシンプルに考えつくることも大事ですね。

合宿免許で運転免許取得のご予約なら合宿免許サービスへ

« ・スクーター免許の需要 | トップページ | ・ETCに潜む落とし穴 »

コメント

国によって交通事情も違うし、信号機の設置状況も異なるんですね!

韓国は近々訪問予定なので勉強になりました。happy01

投稿: 合宿免許とプラン | 2015/09/06 13:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43704/3937458

この記事へのトラックバック一覧です: ・見落とさない信号機:

« ・スクーター免許の需要 | トップページ | ・ETCに潜む落とし穴 »